記事一覧

山形県の天然砥石

山形県の砥石全国砥石産地 山形編山形県の砥石は改正砥(風間砥)刀剣用砥石として有名。刀剣用砥石は常見寺砥が使われていたが良い物が採れなくなって伊豫砥さらに風間砥を使用するようになった。現今人造砥石が代用されるようになってきた。他には二井宿砥、小口砥、等が内国勧業博覧会の出品者に見られる。   風間砥・・改正砥(青)、(茶)       二井宿砥山形県の砥石産地☆印山形県の砥石  &nb...

続きを読む

まぼろしの二井宿砥(山形産)

幻の山形産、二井宿青砥石明治10年上野で開かれた、第一回・第四回・第五回の内国勧業博覧会にも出品された山形産の二井宿の青砥石です。321年前、元禄12年(1669)より採掘されていた歴史ある砥石。今回縁あって入手出来ました。原石をカット、ロッドソー・ディスクグラインダー・酔いどれ刀でカットしました。金盤にガーネット粉末を撒いて平面出し。その後#220、#400、#1000平面が出ました。二個の砥石がぴったり引っ...

続きを読む

宮城県の天然砥石

宮城県の砥石 全国砥石産地 宮城県編 宮城県の中砥石は、天狗砥、恵比寿砥が知られているがどちらも産地不明である。 どなたかご存知の方は情報をお寄せください。 硯石で有名な雄勝町の硯上山では泥質頁岩の砥石が採れていた。硯に使われる玄昌石(スレート)の中の砥石に向いた岩石を使用したのである。例えば九州長崎県の対馬砥の産地も若田硯を産出している。 宮城県は荒砥や中砥が多く産出されていたようであ...

続きを読む

全国砥石産地 岩手県編

全国砥石産地 岩手県編  岩手県の砥石産地は(北上山地の東部、西部、奥羽山地)の南北に連なっている 志戸前砥(雫石砥)、夏屋砥が有名であったが、今は荒れた山奥にひっそりと潜んでいるだけである。志戸前砥は地元の金物屋、採掘者に当たったが販売用は無かった。夏屋砥は元採掘者が若干在庫をお持ちなので入手可能である。(2020年現在)   他の産地も今は知る人もなく、興味のある方は内国博覧会出品者を手掛かりに...

続きを読む

ブログ移行しました。

ヤフーブログから移行して来ました。慣れるまで日にちがかかりそうです。最近、西会津の砥石手に入れました。まさやさんの安座の砥石と同じか?地元の方に依頼したので手に入るかも知れません。期待してます。...

続きを読む