記事一覧

会津重房の正直鉋

会津重房の正直鉋を入手。桶屋の話ではこの手の道具は大正、昭和にの初めころまで使われていたそうです。とりあえず、写真のみ掲載します。...

続きを読む

切り出しナイフと包丁

世田谷次大夫堀公園の年に一度のイベント。今年の食は、赤飯を土産に、磯辺焼きそしてそばの会の出来立て蕎麦を食す。木挽きの会で木槌(ムクロジ製)、鍛冶の会の包丁研ぎを見学の後、切り出しナイフと包丁購入。切り出しナイフは地金に古鉄(江戸時代の鋼)使用鋼は白二製作者の渾身の一品。手放すのが惜しいと言っていた。今年もいい買い物ができました。...

続きを読む

会津鍛冶のマキリ&包丁

会津鍛冶のマキリと包丁を手に入れました。一番下の写真のように、真っ赤に錆てボロボロでした。重道、重廣、重房など研ぎ甲斐があります。   上・・・重廣のマキリ   下・・・重道のマキリ       重道の出刃包丁・・薄いので鮭用で出刃?            これも重道か?    錆がひどいので、ゴムヤスリ、#180、荒内砥コッパ、研承#400、研承#1000、3000、6000 天然仕上でフィニッシュです。...

続きを読む

中屋辺作の鋸

二代目中屋辺作(なべさく)埼玉県川越市生まれ 初代中屋辺作は前挽鋸などを造ってその名が高く、明治43年に47歳で亡くなっています。息子である2代目中屋辺作は、昭和時代の初期に長さ7尺5寸(約227㎝)重さ3貫200匁(約12kg)の超大型前挽鋸を造っています。この2代目辺作は、大工職用の鋸なども造っていましたが、昭和55年88歳で鋸鍛冶をやめています(スズキ金物店主著「続・日本の大工道具職人...

続きを読む

石屋の道具

今はあまり使わなくなった、石屋の鎚4個セット売りに出ていたので一組購入。バラ売りはしないそうです。...

続きを読む