記事一覧

坂東33観音第10番札所

正法寺(坂東33観音第10番札所)を初めて訪ねました。通称岩殿観音、養老2年(718)逸海が千手観音を岩窟に安置し、その傍らに草庵を建てたのが正法寺の始まりとされています。その後、延暦年間(800頃)奥州征伐で立ち寄った坂上田村麻呂が悪龍退治をし、桓武天皇に奏上し伽藍を建立。鎌倉時代には北条政子の守り本尊とし源頼朝の庇護のもと一山60余坊を擁し、(坂東33観音第10番札所)の銘を受けた。岩窟の仏像たち観音...

続きを読む

給食用包丁研ぎ

新年初研ぎ、今年の初研ぎは小学校の給食用の包丁10本でした。1/5時間に余裕があったので、天然砥石だけで研ぎあげてみました。刃こぼれの酷いのは雷砥(いかずち)、次は大村砥、天草砥(軟)、滑川で採取の石、沼田砥、青砥、八箇山のぼかし砥、武州砥、飛駒砥、京都数種。1本に6種類くらいを使いました。 左は研ぐ前、右が研ぎ上がりです。結構刃こぼれや波線の乱れがあります。堺孝行の包丁でした。青木刃物製作所の...

続きを読む

世田谷ぼろ市の戦利品

また砥石を買ってしまった。世田谷ぼろ市12月に次いで今日もぼろ市に出没しました。試し研ぎのため、さび付いた包丁、鎌、電工ナイフなどを買いました。こじんまりした古物商でチョウナが展示ノミやカンナも並び何気なく下の段ボールを覗くと大きな天然砥石、青砥、茶砥(荒内砥か?)、仕上砥など・・今日は砥石の予定なしだったがよさそうな青砥だったのでお安く購入。3kgちょっとお買い得だったかな。   &nbs...

続きを読む

今日は永源寺のだるま市

だるま市・・商売繁盛・家内安全を願う。永源寺では毎年1月10日に行われています。だるまの祈願入れは、願い事を祈り、利き目の正面に目入れをするそうです。右利きは左目に入れる。祈願かなったら、翌年お寺に納めます。         永源寺境内  だるま2体 ...

続きを読む

お墓の可愛い地蔵さん

お墓の片隅で可愛い地蔵さんを見つけちゃいました。元禄時代の地蔵です。温厚な顔立ち、思わずシャッターを切ってしまいました。お墓の中なのでお子さんの仏塔でしょうか?  合掌 南無阿弥陀佛...

続きを読む

不思議な砥石

不思議な砥石の紹介です。一つは、写真上。地元の近くの山で拾ったマーブル模様の中砥です。こちらもやや柔らか目で研磨力あります。砥汁は灰色です。あなたのご近所にも砥石になる石があるかも知れませんよ。 もう一つは骨董市で購入の茶色い砥汁が出る中砥、写真下。こんな茶色の砥汁は初めてです。すこし柔らか目ですが鋼をよく下ろします。産地不明です、ご存知の方教えてください。(砥汁を紙に塗り付けてみました。)&n...

続きを読む

明けましておめでとうございます。

ブログ初めて見ました。初心者ですので、ご指導お願いいたします。後光のさしたお地蔵さん 畑の真ん中にだれが祭ったのでしょうか?この前に昔、道があったのかな。...

続きを読む

はじめまして

ブログをはじめました!コメント大歓迎です。これからどうぞよろしくお願いします!...

続きを読む