記事一覧

会津重房の正直鉋

会津重房の正直鉋を入手。桶屋の話ではこの手の道具は大正、昭和にの初めころまで使われていたそうです。
とりあえず、写真のみ掲載します。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


スポンサーサイト



コメント

No title

変わった刃の鉋ですね。始めて見ました。
しかも左銘ですね。
銘からみると6代目重次重房か7代目守彦重房ではないでしょうか。

No title

> 針屋町 六さん
会津重房とあったので、迷わず購入。最初は鉋刃だけ持ち帰ったのですが、桶屋さんに聞きに行ったらこれは正直台と言って台があっての代物だよ。およョ~!てんで引き返し台ももらってきました。
桶を作るとき側板の側面を正直台で削るのに使用する大事な道具でした。

コメントの投稿

非公開コメント