記事一覧

全国砥石産地 北海道編


 北海道の砥石産地 北海道の砥石全体は砂岩、泥岩、凝灰岩でできている。質はあまりよくないので、採掘した方もすぐに止めてしまった(昭和19,20年頃)。川や崖などから採取しナイフやナタ、鎌などを研いでいたようだ。
砥石はアイヌ語で「ルイ」と言って山や川の名前によく見られことから、それぞれの地方で使われていたのであろう。
                                              砥石産地のポイント         北海道砥石産地
北海道 礼文郡     明治10年 第一回勧業博覧会出品 
北海道 士別市朝日町登和里 (砥割山) 地名辞典
北海道 広尾 東西広尾川合流地点    明治5年 「府県物産志」
    アイヌ語の「ビルイ」転がる砥石の意。
北海道  幌泉郡えりも町目黒    明治5年 「府県物産志」
北海道 札幌市南区砥石山   昭和20年  地名辞典
    豊平川上流、豊平川の砥石栄橋付近で小屋を作り(昭和19∼20年頃)掘っていた。
北海道 余市郡仁木町 砥の川  地名レッドデータ
    砥の川と呼ぶ川がある、昔、農家の人が拾って使っていた。緑青色の凝灰岩。
北海道 寿都郡寿都町(中歌村) 明治10年 第一回勧業博覧会 明治5年 「府県物産志」
    中歌村は今の寿都小学校あたり
北海道 久遠郡せたな町大成  地名辞典
北海道 山越郡長万部町    天明3年 「江戸後期諸国産物」
    ポンワルイ川、(珍しい石の採れる川)中砥・粘板岩
北海道 山越郡八雲町荒砥   明治5年 「府県物産志」
    砂鉄の産地、砂鉄の少ない砂岩が荒砥として使えた。
北海道 奥尻郡奥尻町字砥石  地名辞典
    砥石と言う集落、今は奥尻空港が出来ている。
北海道 函館市尾礼部町   明治10年 第一回勧業博覧会出品
北海道 函館市恵山町荒砥   地名レッドデータ

01長万部原石 (2)
北海道原石
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント