記事一覧

砥石に宇宙人が出没!!!!

イメージ 1

今回のテーマは砥石の面付けです。使用砥石は、庭石、武蔵五日市の荒砥2種、滑川砥、産地不明の中砥、田沼磨き砥  プラス水平君でした。
いろんな方の面付けを参考にやってきましたが、思うようにできませんでした。空母があれば簡単なことなのでしょうか?私にはとても手が出ません。水平君でもなかなかでこぼこの天然砥石は均一に面が出ません。今回、柔らかい庭石、柔らかい荒砥、を使うことにより、かなり楽になりました。
イメージ 2
イメージ 3
スポンサーサイト



コメント

No title

名古屋砥泥会は武蔵五日市の粗砥を金属の研磨に利用しました。
かなりもろいので金属研磨の時にバラバラになってしまいましたが昔の人はこのような特性も難なくこなしたのでしょう。
工業規格品にもなったグラインダーの粗砥よりも金属には優しいのが天然からでた粗砥(砂岩)ですね。

No title

色とりどり・・(^^)/良さげな砥石ですねぇ~!!

砥ぎ味はいかがでしょうか??

No title

> ゆうけんさん
右上大小2つが武蔵五日市の荒砥です。採取して来た時はザラザラでだめだなと思ってましたが、瀬戸山先生からも昔はこれで鎌を仕上げまでいったんじゃないのと言われ、見直しました。いつかまた採取して来ます。
ちなみの下の3本は上赤沢砥です。どちらも第一回内国勧業博覧会出展の砥石でした。

No title

> 助八さん
武蔵五日市の荒砥ですが、今日包丁研ぎを頼まれ、平が傷だらけでしたが右の小さい砥石でじゃりじゃりと言わせましたがすぐ細かく粒子が砕けきれいに傷が取れました。今度採取して来たらお分けします。面付けの済んだ上赤沢砥はなめらかでよく刃が付き光ります。関東の仕上GOODでした。

No title

家に持ち帰るだけでも大変なのに面をつけるのはまた一苦労しますね。ブロックと荒砥の金剛砥石でこすりますがそうやすやすとは減ってくれないので大概途中で心が折れます。

No title

はじめまして。
宝探し楽しそうですね~。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント