記事一覧

今年も砥石を探します。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
元旦は天然砥石の面直しから、青砥、飛駒砥、滑川砥など25本ほど面直しをしました。
昨年暮れ水平君新調、水平君、産地不明中砥、杭名砥で面直しきっちり平面に仕上ました。
イメージ 1


イメージ 2

中砥はカチカチで平面出しに威力発揮。杭名砥もカチカチです。
今年は天然砥石を駆使して包丁を研いでみよう。
世田谷ぼろ市で見つけた青砥??
実は天然砥石でした(産地不明)写真撮り忘れました。青砥と書いてあり安い値で出ていました。お!これは青砥ではないねラッキー即野口さんを出してお釣りももらいました。連れと目を見合わせました。ぼろ市では砥石は2か所でたくさん売ってますが、ほかで掘り出し物を探すの醍醐味です。
昨年1月のぼろ市では3000円で大きな青砥をゲットしましたよ。
上赤沢砥と飛駒砥
昨年は関東の仕上砥を探し当てました。山主さんや元採掘者さんの協力を得て千葉の知人と山で現物採取をしてきました。これがその石です。
イメージ 3
上赤沢砥
イメージ 4
飛駒砥

今年は栃木県産の白名倉砥を探し当てたいと思います。
第一回内国勧業博覧会の出展に記載されているが、所在が分からない情報お持ちの方連絡ください。日光市細尾町あたりか?

本年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト



コメント

No title

上赤沢砥は剃刀が研げました。

良い合砥です。

No title

飛駒砥を探し当てたというのは素晴らしいです~!
天然砥石尚さんに飛駒砥を研がせていただきましたが、包丁砥ぎには素晴らしい砥石でした!
頑張って、これからも探し当てて下さいね~(^^;)

No title

あけましておめでとうございますm(_ _)m

包丁研ぎに飛駒砥から赤沢砥へとつなぐととても良い仕上がりになると思います。
これからも、関東の天然砥石の発信を楽しみにしています。

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

No title

明けましておめでとう御座います!!!上赤沢砥は良い色ですね。本年もよろしくお願いします。

No title

> 楽園さん
上赤沢砥は近隣の刃物屋さんで最終仕上げとして使っていただいています。

No title

> おとっとさん
昨年暮れ骨董市や、ぼろ市で数人の方に見せましたが、皆さん京都の石ですね。(鳴滝や本山)などと感想を頂きました、うれしい限りです。関東で採れたといっても半信半疑そんな地層は無いなどともいわれました。一見は百聞に如かずです。

No title

> せいさん
飛馬の採掘者は末期の採掘者でした。月山さんの父上が修行した太田市の刃物やさんに紹介していただきました。この刃物やさんには今も飛駒砥売っていました。山の砥石探しも楽しいですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント