記事一覧

武州合砥

武州合砥 ご存知でしょうか?60年ほど前、埼玉県小川町で採掘されていました。紙漉き農家・養蚕農家を家業の旧家の主人が農閑期に採掘していました。
「図でわかる木工の工具」 砥石産地の表 橋本喜代太原著
に記載された武州合砥を探してみようと思いました。苦節3年やっと見つかったのです。それから2年、最近その内8丁分けていただきました。
包丁なら仕上によく刃が付きます。ノミ・カンナには、ほんの数回仕上の前にかけると良いようです。
  
  表・裏の写真です。黒い砥石です。 

イメージ 3
黒い砥汁が出ます。手鋸の跡があります。
地元でもこの砥石のことは全く知られていません。ある大工の棟梁が弟子にも触らすことなく大事にしていたそうです。
2012年町役場の方の情報で山を探しましたが、砥石らしきものは河原で拾ったもの。この砥石とは別物でした。  その後2013年地元の老人と知り合いに、2014年その方が採掘者の家を思い出してくれました。早速訪ね蔵の前の小片を分けていただきました。その後採掘者のお孫さんから縁の下から出てきたと連絡が入り早速訪ね数十本の砥石と対面、その全てを面直しと、養生をしてきました。
 下の写真がその時の一部です。

イメージ 1

イメージ 2

1月同じ小川町、別の地区で農家の方が2年ほど前、道路工事のガレキから砥石を見つけ、包丁を研いでいる90歳のおじいさんの砥石を見せていただきましたが(新発見!最近採掘された仕上砥石の紹介)参照、今月山を見に行きましたが、良い成果は得られませんでした。道路工事中の山道を自転車を押して2時間半やっと現場につきましたが、ガケは塗装され、細かい石が落ちてましたが、手のひらサイズで質も良くありません。新発見とはしゃぎましたがここで見つかったという記憶だけに留めます。
スポンサーサイト



コメント

No title

初めて見ました。
素晴らしい砥石を発見されましたね~。
欲しい・・・と思わせておいて、採掘場所が不明で、手には入らないと言われると、おあずけをくらった犬の気分ですね・・・(^^;)

No title

興味深く拝見させていただきました。
前回の記事の物とは別の砥石のようにも感じますね。

足で情報を稼いで並々ならぬご苦労の成果ですね。素晴らしいです。

No title

残念でしたねf^_^;)

また、良い砥石と出会えますように(^^)

No title

師匠、お疲れさまです。
師匠の行動力と情熱(執念?)には、頭が下がりますm(_ _)m
画像を見ると、硬そう?に見えますね。
オイラの近況は、やっとウチの大蔵省から許可が出まして、今朝アマゾンにレンガ用刃を注文しました。(^o^)

No title

> せいさん
> 天然砥石尚さん
> 楽園さん
前回の記事の砥石はあきらめましたが、今回の写真の砥石の採掘場所は雪の中下見をしましたので日が長くなったら行くつもりです。尚さんの所と同じように黒だけでなく色んな種類が出ればと、楽しみにしています。

No title

お~、そうなんですか?
期待できますか!
いい物が出るといいですね~!
出たら僕にも砥がせて下さいね~。

No title

埼玉の砥石…俄然興味が湧きますね~!良い結果を期待しています!(^_^)

コメントの投稿

非公開コメント