記事一覧

武州合せ砥と秘蔵の中砥達

武州合砥

イメージ 10
 
「図でわかる 木工の手道具」橋本喜代太原著 理工学社 1988発行
の天然砥石の産地に埼玉県比企郡六河村上古寺産として紹介されていた。大河村の間違い。(現在の小川町上古寺)
この本を手掛かりに4年前から2年掛けて、やっと採掘者のお孫さんに出会い見つけたのが、埼玉県小川町の「武州合せ砥」と呼ばれた砥石です。その時コッパを1つ分けて頂きました。
その後納屋や縁の下から砥石が出てきたとの連絡があり、風化などで屑になった物や、割れてしまったものもありましたが30本近く面作りとカシューで養生して砥石を仕上げてきました。地元でもほとんど知られてない幻の砥石です。
色は黒く、まるで硯のようで砥汁は研ぎ箱を真っ黒くするほどです。鋼もステンレスも良く下ろします。最終仕上げの直前に10回程度この砥石を当てると良いようです。
イメージ 11
イメージ 12
 
  床下から出てきた原石        面出しをした砥石

この後カシューで養生しました。この体験をきっかけに、上赤沢砥、飛駒砥を山主さんや元採掘者の案内で採取させて頂きました。

私の秘蔵の中砥を紹介します。  上が細目、下に従って粗くなる。
沼田虎砥  群馬県南牧村産、江戸時代幕府直轄の産地として、砥石奉行を置くほど            貴重な存在、生産額も関東一を誇った。種類も何種かある。  
風間砥   山形県楯山風間村産、刀剣の改正砥として有名、青と茶がある。
五十嵐砥  新潟県五十嵐川上流、笠堀集落採掘で、清水色と白色があり、清水色が細かく研磨力がある。
青根砥   宮城県蔵王の近く青根温泉の山中で産出、昭和30年代地元の原氏大久保原氏某が一代で採掘、10年くらいか?
夏屋砥   岩手県宮古市産、オレンジ色の派手な砥石。三陸鉄道ネットショップで買えると言う情報あったが、今は?
会津砥   福島県南会津産、水色・白色がある。研磨力あり。。
産地不明砥 
天草砥   熊本県天草産、赤虎と白砥がある。最近は硬めで軟らかいのは無い。
      ※長崎県は誤りでした。熊本県天草砥。
イメージ 1

イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

イメージ 8
イメージ 9

※訂正 青根温泉の砥石採掘者は原氏と判明いたしました。2017.7.3
   
スポンサーサイト



コメント

No title

すごい…

砥石への情熱が伝わって来ます。
文献から幻の砥石にたどり着く、一つのドラマのようです。

詳しい説明、ありがとうございました。
勉強させていただきます。

No title

いや~、素晴らしい努力の成果ですね~。
自分の足と熱意で手に入れた正に宝ですね!
個人的には、やはり沼田虎砥がとても興味深いですね~(^^;)

No title

青根砥が面白いですね(^^)
鳴滝正本山の印が当時の砥石事情を物語っていますね(^^)

素晴らしいものをお持ちです(^^)

No title

> せいさん
この沼田は名倉砥のようきめが細かいです。写真一番目のように和紙を貼って養生してみました。

No title

師匠、おはようございます(^o^)
凄いッス!
素晴らしい秘蔵コレクションですね。
ヨダレが・・どれも試してみたいです。

No title

> 天然砥石尚さん
おはようございます。当時のトイシ業者が、仕上げとして売り出そうとしたが、渋くてダメだったようです。

No title

> tyousanさん

『この沼田は名倉砥のようきめが細かいです。』

お江戸の時代から採掘されていたそうでお値段は小判級でしょうね。
昭和の時代でも東京などへの出荷があったのでしょうか?

No title

> tyousanさん
名倉砥のようにキメが細かいということは、比較的軟らかい砥石なのでしょうか?
我々のような包丁砥ぎにはいいですね~(^^;)

No title

お久しぶりです!(^_^)
和紙を貼っての養生がお見事です~…こういう養生をしたかったんですが、見つけられずに手ぬぐいにしました(*^_^*)
先を越されたと言いますか、やられた~~って感じです!m(_ _)m

No title

> 酔いどれさん
紙は習字紙を使いました。本当は和紙を使いたかったのですが、繊維が長くて印刷難しいと聞いたので、今度は失敗覚悟で細川紙を使ってみようと思います。
原稿はネットで江戸時代の「いろはがるた」を見つけ加工しました。いろはがるた面白いですよ。浮世絵や職人の図会などもいいですね。試してみてください。

No title

すばらしい砥石ですね・・・・

No title

はじめまして~(^O^)/
探究心がスゴイ!面出しできることがスゴイ!
オリジナル文献作れますね!!
ナニを使って養生してるのかも わかりましたー。
沼田虎砥の和紙の養生が特にステキです。古典仮名を書きますので、それなりに読めますよー。「ほめられて われかしこいと…」 なんか 道徳の教科書みたいですねー。
(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント