記事一覧

女房の包丁と会津の砥石

女房の包丁を三種の砥石で研ぐ。亀岡の赤い青砥泥が出るが研磨力がある。飛駒の赤砥(右)の後上赤沢砥で仕上た。トマトもスパスパ切れ大喜び。

イメージ 2

久し振りに会津砥の手入れ。右手の砥石を酔いどれ鋸で切断整形。140mm/80mm/60mm 6cmの厚みも左右30分で切れた。結構いい刃が付きますよ、真ん中はちょっと粗目本当に砥石??左は白砥と茶が表裏になっている。

イメージ 1

切断の様子。
イメージ 3

切断した端切れで共名倉を作ってみた。
イメージ 4

スポンサーサイト



コメント

No title

酔いどれさんの鋸も、奥様の包丁もスパスパ切れて気持ちよいですね♪
・・・いや、石はスパスパじゃないですね(笑)

No title

お師匠さん、
真ん中のが、気になります~~。

No title

真ん中の上赤沢砥のデカイのが気になる・・・黄色いのってなんでも良い砥石に見える・・・(^^;)
会津砥も面白い模様ですね~。

No title

> 新潟まさやさん
会津の真ん中のはまさやさんに譲っていただいた大内宿のお土産屋の砥石です。7.4kgの大型です。

No title

> せいさん
上赤沢のでかいのは225/95/35光系の砥泥が少し出て名倉いらずの良い砥石です。切断した会津砥は良く刃が付き使いやすいです。八総鉱山付近より採取。

No title

> tyousanさん
やっぱり、神社の門柱が良さそうでしたね~~。

No title

流石会長、切りまくってますね~~!(^_^)
ご自分で採掘した会津砥、中々良さそうで涎が…(#^.^#)

多摩川Pさん、鋸がご入用でしたら声掛けて下さいませ~~!(^-^)/

No title

> tyousanさん
光系の砥泥が少し出て名倉いらず、それでいてデカければ、本当に言うことなしですね~!
いや、羨ましい!(>_<)

No title

会津砥の真ん中の物に良く似た砥石を持っていますが、
やはり「荒目本当に砥石?」という感じです。

No title

> 針屋町 六さん
墓石になりそうです。

No title

> 酔いどれさん
これは拾った中でも一番でした。京都の石は手強かったが会津は普通に切れましたよ。酔いどれさんのお陰です。ありがとうございました。

No title

> 新潟まさやさん
門柱の砥石は凄かったですね。仕上げにもなりそう。

No title

> せいさん
天然砥石館にも試し研ぎ用が有りますよ。小さいけれど。
大きいのは1個、竹中大工道具館に寄贈しました。機会があったらどちらも寄って下さい。

No title

>tyousanさん
本日はありがとうございました。
大変お世話になった松阪の男です。
砥石の為になるお話やこの世界の著名人にお引きあわせ頂き感謝です。
今後共、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

No title

> rrx*g07*さん
おはようございます。たった今、地元の駅に到着しました。
こちらこそご一緒出来て心強い一日でした。木村砥石さんには行けましたか。又機会が有りましたらお会いしましょう。

No title

お初にお目にかかります。
マリコルと言います!


最後の大きい砥石
墓石に見えますね(´・ω・`) 笑

No title

> マリコルさん
訪問ありがとうございます。せいさんや酔いどれさんのブログで時々拝見していましたよ。今後ともよろしくお願いします。
この砥石は目が均一で研ぎやすいですよ。会津荒海川上流で採石しました。

No title

> tyousanさん
名前知られてたんですね...ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします!
なるほど...砥石を採取されてるなんて
恐れ入ります!
今後とも情報よろしくお願いします

コメントの投稿

非公開コメント