記事一覧

越生町の砥石沢を散策

入間郡越生町津久根村は1793年砥沢村に砥山開発申請がされ、35年後の1828年には閉山している。津久根村はゴルフ場になって姿を消したが、上野の砥石沢も大高取山周辺に分布する珪質凝灰岩や珪質泥岩を採取して砥石として利用していた。
今回、砥石沢を散策して砥石になりそうなものを採取して来た。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

スポンサーサイト



コメント

No title

1番上の写真の石は良さそうに見えます(^^)!

No title

> 天然砥石尚さん
僕には、どれも砥石にしか見えません・・・(^^;)

No title

tyousanさん

マンガン鉱石の見つかる場所には良い砥石が有るってどこかの本で読んだのですが知ってますか?

No title

> 天然砥石尚さん
一番上の右の大きな石をチャレンジしています、ちょっと固め面直しに時間がかかりそうです。
一番上の真ん中左から3番目が一番細かく小さいのが残念です。まわりが漆でも塗ったかのような色が付いています。

No title

> せいさん
色んな粒度ですが、どれも砥石に違いない。でも日常使いには無理かもバラついている。

No title

取りに行くだけでも大変な労力なのに、重いのを持ち帰り、更に切ったり面をつけたりと、考えただけで気が遠くなります。

No title

> ゆうけんさん
マンガン鉱山に限らず、日本の鉱山付近には砥石が出たようです。佐渡の相川、新穂なども金山、銀山の所でした。
私の歩いた茨城県中部では砥山ではたらく人達が近くでマンガン鉱山出来、稼ぎが良いので砥山で働く人がいなくなったと言っていました。

No title

> tyousanさん
石見銀山付近も砥石出ますかね~?(^^;)

No title

> せいさん
島根県大田市銀山、川合町、大森町でも産出したらしいですね。

No title

お疲れ様です!m(_ _)m

面出しが大変でしょうけど、少しずつやって頂いて
試し研ぎの記事を是非ともお願いします~~!(^_^)

コメントの投稿

非公開コメント