記事一覧

会津鍛冶のマキリ&包丁

会津鍛冶のマキリと包丁を手に入れました。
一番下の写真のように、真っ赤に錆てボロボロでした。
重道、重廣、重房など研ぎ甲斐があります。

イメージ 1
   上・・・重廣のマキリ
   下・・・重道のマキリ
イメージ 2
       重道の出刃包丁・・薄いので鮭用で出刃?
イメージ 4
            これも重道か?


イメージ 3
    錆がひどいので、ゴムヤスリ、#180、荒内砥コッパ、研承#400、研承#1000、3000、6000 天然仕上でフィニッシュです。

スポンサーサイト



コメント

No title

お宝ですね~(^^;)
でも、砥ぐのは結構大変そうですね~。
手が足りなければ、手伝いますよ~(^^;)

No title

おいらで よければ、
手が足りなければ・・
おいらも 手伝いますが・・・

m(___)m

No title

> せいさん
> 国松さん
お気遣いありがとうございます。なにしろゴツイ代物なので一人で頑張ってみます。

No title

こんにちは。通りすがりです。

包丁が反っていたり捩れている場合は矯正しながらの作業になると思うのですが、研ぎのみで対処するテクニックがあるのでしょうか。

No title

> skyさん
ブログに訪問ありがとうございます。
研ぎのみでの修正はできませんね。私は金床とハンマーでコツコツ地金を叩いて直していますが鋼を叩いてしまって刃金を欠けさせることが多々あります。刀剣研ぎ師、包丁屋さんが使う冶具がありますが市販されていません。また治っても戻ってしまうようです。コツコツ叩いて直しましょう。

コメントの投稿

非公開コメント